胸の悩みは万国共通|豊胸手術で自信をゲット

小顔になる施術

美容整形

顔が大きくて、人知れず悩んでいる方は多いです。そんな悩みをスムーズにできると、東京の美容外科ではBNLS注射が人気です。この施術は、脂肪を溶かす作用のある植物由来の成分を注射するものです。ただ注射するだけで、痩せにくい顔の脂肪を溶かして小顔になれます。溶けた脂肪は、リンパを通って体外に排出していきます。従来の小顔施術として、フォスファチジルコリンが主成分の脂肪溶解注射がありました。この脂肪溶解注射と比較して、BNLS注射はいくつかの利点が有ります。まずは、植物由来成分なので、施術後の腫れや痛みなどのダウンタイムが少ないことです。その他にも、東京の美容外科のBNLS注射は治療間隔が短いです。脂肪溶解注射では、2、3週間の治療間隔でした。一方のBNLS注射は、1週間の間隔で治療できるので、短期間で効率よく治療できます。

BNLS注射は、東京の美容外科で注目の小顔になれる施術です。顔の脂肪をスムーズに除去できるので、女性にとって嬉しい施術です。しかし、確実に効果を得るには、東京の美容外科での治療後、注意点が有ります。まず、施術してから1週間程度はお酒を控えることです。その理由は、お酒を飲むと、アルコールの力で体内の血行がよくなるからです。すると、患部に内出血が生じやすくなります。BNLS注射はダウンタイムがほとんど無いのに、無駄になってしまいます。その他にも、注入する成分には脂肪の代謝とセルライトを減らすチロシンが入っています。この成分は、甲状腺疾患のある方に不具合を起こします。なので、甲状腺が悪い方は、あらかじめ医師に確認することが大事です。